埼玉WABISABI大祭典

ステージプログラム

11月20日

パークステージ

タイムスケジュール

11:00〜11:20

和太鼓 1曲目「武蔵太鼓」 2曲目「ぶち合わせ太鼓」

埼玉県立特別支援学校坂戸ろう学園寄宿舎太鼓サークル「こばと会」
結成44年目の埼玉県立坂戸ろう学園寄宿舎太鼓サークル「こばと会」です。耳の聞こえない私たちは音を身体で感じ、お互いのバチの動きを見ながら叩きます。
今回発表する「武蔵太鼓」はオリジナル曲で、「ぶち合わせ太鼓」は神奈川県の漁師に伝わる3人1組で回転しながら叩く場面が見せ場です。
皆さんに元気を届けられるように一生懸命叩きます。

公式URL:https://sakado-sd.spec.ed.jp/

11:30〜12:00

刀の世界に生きる匠たち

公益財団法人 日本刀文化振興協会(埼玉県支部)
今回登壇する4名は、刀鍛冶、研師という伝統文化を受け継ぐ技を身につけるために、長い修業を経験しました。修業ってどんなことをするの?どんな生活なの?というみなさんの疑問お答えしながら、苦労や楽しかったこと、そして独立の地に、なぜ埼玉県を選んだのか、お話させていただきます。

公式URL:https://twitter.com/kokajiakihira/

13:00〜13:30

箏男kotomen×風間禅寿による ”箏と尺八” 和の音色ライブ

箏男kotomen
日本で権威のある賢順記念箏曲コンクール全国1位を受賞した箏男kotomenと、東京藝術大学卒業の風間禅寿による実力コンビが、和楽器のかっこよさをテーマに伝統曲のアレンジからPOPSまで楽しくお届け!
生演奏を初めて聴く方にも和楽器のWABISABIを感じられる演奏やトークを一緒に体感しましょう!

公式URL:https://www.kotomen.com

14:10〜14:40

高校生和動画祭

すゑひろがりず
新型コロナウイルスの長期化で文化祭が一般公開見合わせになるなど、今年も高校生の活躍の場が減っています。そこで、「高校生『和』動画祭 #青春応援プロジェクト」では高校生の皆さんが考える和文化をテーマに制作した動画を募集しその中から3つの賞を決定しました。
本ステージではお笑い芸人すゑひろがりずが応募作品の一部を紹介します。

14:50〜15:00

高校生和動画祭 入賞校パフォーマンス

埼玉県立川越高等学校応援部
「高校生『和』動画祭 #青春応援プロジェクト」では高校生の皆さんが考える和文化をテーマに制作した動画を募集し史上最多21校23チームのエントリーがありました。
本ステージでは入賞校として選出された川越高校応援部のパフォーマンスを、ぜひ生でご覧ください。

15:40〜16:10

盆栽パフォーマンス

平尾成志
バーやクラブ、路上でバンドやDJとコラボしながら作り上げる盆栽パフォーマンス。平成25年度には4か月で11ヵ国を周り盆栽の美意識と楽しみ方を伝え、盆栽を通じて交流をもった。
日本では、新しい生活空間に適した盆栽の提示と、若い世代に盆栽を知ってもらう活動に力を入れる。

16:30〜16:55

川越祭りばやし(川越市)

今福囃子連
川越祭りばやし
今福の祭りばやしは、もとは中台と同じで、明治初年になって分かれたと伝わる。その後、五宿の囃子の師匠 福岡仙松の指導を受け、にぎやかな新囃子に変わった。明治21年に六軒町が山車を新造した際に選ばれて以降、川越氷川祭には六軒町の山車の上で囃子を演奏している。
現在の伝承曲は、屋台・宮昇殿・鎌倉・鎌倉攻め・師調舞・トッパトーガクなどである。

17:30〜18:00

WABISABIで埼玉愛!サイタマティックLIVE

和楽器カルテット サイタマティック
「和楽器で埼玉愛」を合言葉に結成した埼玉県出身・在住の演奏家4人による和楽器カルテット。
各種イベントやホール主催のコンサート、学校のアウトリーチでも好評を得ており、伝統・文化・名産等をモチーフとした楽曲を中心として地域に根ざした活動を展開しています!

公式URL:http://saitamatic.webcrow.jp/

18:45〜19:00

和風DANCE SHOW

新井風味
和伝統の舞とJazzHipHopダンスを融合した振付が特徴の近代和風ダンスチーム。
世界初のLED扇子を取り入れたダンスパフォーマンスも人気。
国内のみならず海外へゲスト出演するなど、
多数の国際会議・企業イベント・CM・歌番組の出演の他、
Yosakoiからアーティストの和振付等、活動は多岐にわたる。