埼玉WABISABI大祭典

ステージプログラム

11月21日

パークステージ

タイムスケジュール

10:30〜10:50

秩父屋台囃子(秩父市)

秩父屋台囃子保存会
「大太鼓」「玉入れ」
秩父屋台囃子は、秩父夜祭をはじめ秩父地方のお祭りで演奏されます。小太鼓の流れるようなリズムの上に「大波」「小波」など様々な節で構成される大太鼓の音色が乗り、笛、鉦(かね)と混然一体となって紡がれます。
今回は、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」と夏祭り「秩父川瀬祭」の各町会などで組織される秩父屋台囃子保存会による演奏を披露します。

11:30〜11:50

木遣り・纏・梯子乗り(さいたま市)

大宮若鳶会 大宮鳶職組合
木遣り・纏・梯子乗り
大宮若鳶会は、昭和43(1968)年の設立以来、鳶の伝統技芸、木遣、纏、梯子を継承してきました。梯子乗りは、高さ6メートルの青竹の梯子の上で繰り広げられる曲芸で、江戸時代の火消し文化から生まれました。梯子の上から身を乗り出して火事場を探す“遠見”など、技にはひとつひとつに意味があります。
ダイナミックで見ていてハラハラする演技を、お楽しみください。

12:30〜13:00

BONSAIの魅力に出会う ~盆栽家山田香織&箏男ステージ

山田 香織
さいたま市に根付いたBONSAIの魅力を盆栽家山田香織がキュッとコンパクトにご紹介します。ステージでは箏男さんと一緒に盆栽の楽しみ方や女性にも人気の彩花盆栽をご紹介します。後半は盆栽の目効き方法をご紹介しつつ、会場のお客様にBONSAIクイズを出題し、楽しみながらBONSAI文化に触れていただきます。

公式URL:https://www.seikouen.cc/

13:30〜13:50

きもの・伝統とフリースタイル

NPO法人 川越きもの散歩 + シーラ・クリフ
きものを着たことはありますか?
きものは堅苦しくありませんよ~もっと自由に楽しく、今までみたことのないきものの世界をご紹介します。
伝統的な振袖とミセスの礼装の黒留袖、ブーツときものなど洋服とのミックスコーデなど、異文化との出会いは創造的。きものフリースタイルをお楽しみください。

13:55〜14:10

主催者挨拶

埼玉県知事 大野 元裕

14:20〜14:50

竹間沢車人形(三芳町)

竹間沢車人形保存会
ミニ車人形教室及び「傾城阿波の鳴門」
竹間沢車人形は、日本に3か所しか伝承されていない人形芝居の1つです。人形浄瑠璃文楽と同じ大きさの人形を1人で操る人形芝居です。
今回の舞台では、人形の仕組みを説明した後、説教浄瑠璃にあわせて人形が動き出します。

15:30〜16:00

大宮おどり

さいたま市大宮西地区日本民踊研究会
私達は昭和30年発足以来、今年で66年間全国の民踊を練習し楽しく踊っています。「大宮」という地名は武蔵一宮氷川神社の荘厳と雄大さを「大いなる宮」と称した事に由来します。「大宮おどり」は昭和9年に披露され、氷川神社の杉並木、機関車、見沼川の源氏螢など大宮の歴史と文化が歌われています。